SFC実機で動く自作ゲームでスーファミサウンドを公開します


2018年11月4日に秋葉原UDXにて開催されるゲームの展示イベント「デジゲー博2018」に参加します。今回は2年半ぐらい前からサウンド開発に参加していたスーパーファミコン用の自作ゲーム「Taco(仮)」で E-11a のPA Gamesさんの展示スペースになります。

当初は開発ツールも無く、音色データの作り方やMMLの書き方も知らず、ゲームへの実装方法の想像がつかないところからのスタートでしたが、僕以外のメンバーの2人がすごい人だったので、独自研究で頑張ってきました。

まだゲームは完成品ではありませんが、その結果を試遊で体感して頂ければ幸いです。


ちなみに今日は事前設営に行ってきました。スーパーファミコン実機とスーパーファミコンミニの2台体制でお待ちしております。後者はステレオヘッドホンでサウンドを楽しめるようにセッティングしました。

詳しくは下記のプログラマーさんのブログ記事もどうぞ。

詳しくはPA Gamesの公式サイトをチェック!

また同イベントの E-04a では、しらかんばGamesさんの「跳霊の剣」が展示される予定です。昨年と同様、新ステージ用の音楽を書き下ろしましたので、こちらも遊んでみてください。