東京ゲームショウにてカミオリのプレゼンテーションが行われました


東京ゲームショウおつかれさまでした。TeamOrigamiはインディーゲームコーナーの展示ブース9-A45にて、多くのプレイヤーにカミオリを試遊していただくことができました。ゲームの内容もさることながら、音楽や効果音といったサウンド面の演出はいかがでしたでしょうか。

ちなみに、TeamOrigamiはブースでの展示だけではなく、ビジネスデイの2日目には、センス・オブ・ワンダーナイト2018というコンテストにも参加していました。略称でSOWNと書くらしく、毎年やっているそうなのですが……

今回のSOWN2018では、東京ゲームショウのインディーゲームコーナーのタイプAに応募があった295件のうち、世界22カ国から86件が出展に選ばれ、さらにそこからファイナリストとして8作品がノミネートされました。

カミオリは、その8作品中の1作品として選出されたため、ゲームの原作者さなぎ氏がSOWN2018にて登壇し、ゲーム内容のプレゼンテーションを行いました。

SOWN2018 カミオリ プレゼンテーション動画 (Hanaji Games提供)

結果、惜しくも受賞とはならなかったのですが、SOWNの前衛的な趣旨に合致するゲームとしてファイナリストまで登りつめたということ自体が、開発メンバーの1人として、とても誇りに思っています。

ゲームとは何なのか。開発者レベルでも、そこから考えてものを作っている人は少ないのではと感じます。そういう意味でも、SOWNはゲームに興味を持つ人全てが、ゲームのルールや体験というものを再認識するための貴重なイベントであり、今後も本来の意味でのゲームデザイナーが評価される機会を残していってほしいと思います。

ちなみにカミオリは2018年5月にリリース済みの作品ですが、プロジェクトが終わった訳ではありません。今後のアップデートや他のプラットフォームでの展開、イベントなどでのTeamOrigamiの活動にご期待ください。

カミオリ iOS版

カミオリ Android版